ワンチップデザインへようこそ!

HAMSTIR ST (ハムスターST)
トランシーバーをUSB経由でパソコンに接続して デジタル通信 FT8 JT65 PSK31 RTTY SSTV VoIP無線(EchoLinkノード局等) などが楽しめます。
すべて定番のフリーソフトウェア (WSJT-X, JT65-HF, MMVARI, MMTTY, MMSSTV Echolnik)で実現できます。
使用するトランシーバーと運用モードなどを指定していただくことで、接続ケーブルはお客様のリグに合わせて配線出荷します。
本機をリグとパソコンにつなぐだけ。
VoIP無線には混信対策としてトーンスケルチが、パケット通信はTNCが必須ですが、 これらについても定番のソフトウェアで実現できるので、ほとんどのトランシーバーが使用可能です。
APRSの例として、GPS情報の電波を受信して、パソコンの地図に場所はもちろん、時刻、スピード、走行方向なども同時表示できます。
移動局とメッセージ交換もできます。電波送受信に限れば、APRSはインターネットに接続しなくても運用できます。
EchoLinkや APRSなどの同時運用やハイパワー局の場合は、電波の回り込みに強いHAMSTIR DXをおすすめします。

・主な特徴)
  1. USBシリアル変換チップ内蔵で、シリアルポートのないノートパソコンでもスマートに使えます。
  2. パソコン接続でシリアルのCOM番号が二つ追加されますが、用途によりどちらかを選択します。
   ソフトウェアモデムなどを使用する時は連続送信防止回路が働く番号の大きい方を選択します。
  3. EchoLinkでは、スケルチ信号による Net側への自然な送出制御ができます。(スケルチ出力端子付きリグ)
  4. ハンディトランシーバーも送受信対応で使用できます。
  5. 音が割れにくい"VoIP優先" 仕様か、9600bps対応の"パケット優先"仕様 (対応リグのみ) の指定をしていただきます。
   VoIP優先   = ◎WSJT-X, ◎MMVARI, ◎MMTTY, ◎MMSSTV, ◎EchoLink(VoIP), ◎APRS1200bps, ×APRS9600bps
   パケット優先 = ◎APRS9600bps, ○APRS1200bps, ○WSJT-X, ○MMVARI, ○MMTTY, ○MMSSTV, ○EchoLink(VoIP)

・運用モード)
  1. FT8/JT65= HFはF1D(SSB)、V/UもF1D(FM)の免許で運用。WSJT-X
  2. PSK31  = HFはG1B(SSB)、V/UもG1B(FM)の免許で運用。MMVARI
  3. SSTV  = HFはJ3F(SSB)、V/UはF3Fの免許で運用。MMSSTV
  4. EchoLink= V/U FM(F3E)の免許で運用可能。ID送出をモールスに設定する時はF2A必要。EchoLink
  5. APRS  = V/U FM(F3E)の免許で運用可能(受信のみ)。
         IDやメッセージ送出を設定する時はF2D (1200bps), F1D(9600bps)必要。AGWPE+UI-View32

・価格) ---送料・消費税込み
  @HAMSTIR ST (オプションケーブル配線済)  ----- 6,800円
  A機種変更ケーブル交換のみ / 変換ケーブルのみ --- 各2,000円
 *オークションの落札価格より、こちらからメールでお買い求めいただくほうが手間が少ない分お安くなります。

・主な仕様)
  1. パソコンに接続する配線済標準ケーブル
    USBケーブル、MIC用/LINE(H.P.)用3.5ファイケーブル、長さは約60cm、リグ側が約110cm)
  2. リグ側ケーブル類は、注文時にリグに合ったケーブルを製作配線いたします。
  3. "VoIP優先" と、"パケット優先" の切り換えは、数本のワイヤーの付け替えでできます。
  4. USBシリアル変換ドライバーについては、Windows7以降は自動インストールされます(ネット自動検索有り)。
   それ以前のOSの場合は、当サイトからダウンロードしてインストールしてください。
  5. Echolink、UI-View32についてはインストール時に認証番号等が必要です(登録無料)
  6. サウンドは、PCオンボードのデバイス (Realtec...など)を使いますが、送受信品質 (解読率)対策の為、
   各サウンドのプロパティ[拡張]でオフに設定してください。
   「直接モード」、「すべてのサウンド効果をオフ(無効)にする」をチェックします。

・対応可能なケーブル付きプラグ)
  ミニDIN 6P/8P、DIN 7P/8P/13P、3.5ファイプラグ 3P/4P、2.5ファイプラグ 2P/3P、
  MICプラグ 8P、D-SUB 9P オス/メス、RCAピン
  一部、専用プラグの機種はメーカーオプションケーブル(CT-91など)が必要です。
  他のタイプでも、対応可能な場合もございますので、お問い合わせください。

・Q&A)
 Q1. トランシーバーに接続するケーブルはどんな指定をするのですか?
  A1. 機種名をご連絡いただくことで、取扱説明書をもとに配線します。
    下の"mailto"のところにフォーマットがありますので、コピーペースト編集してお使いください。
 Q2. 購入後に機種を変更しました。接続ケーブルの変更はどうすればいいの?
  A2. 変換ケーブルでを当サイトから購入してください。または本体のケーブル交換をします。
    ハンダ付けに自信が無い方にはこちらで改造サービス致します。こちらへの送料のみご負担ください。
    MiniDIN 6Pケーブルタイプについてはほぼ各社共通仕様ですが、一応確認のメールをください。
 Q3. プログラムのダウンロードやインストールはやってくれないのか?
  A3. EcholinkやUI-Vew32については、ダウンロードやインストール時にコールサインやパスワードなど
    が必要になります。使用される方が可能な限り作業をするのがいいですが・・・。
    インストールや設定など解決困難な場合やこちらに依頼したい場合は問い合わせメールください。
    英語版ソフトということで、尻込みしたい方もその前に問い合わせメールください。
    無料サービスで行いますが往復送料はご負担ください。
    ハードウェア故障などで対応できない場合もあるのでご理解とご了承をお願い致します。
    MMSSTVやMMVARIについては、わかりやすい日本語解説がセットされています。
 Q4. AGWPE (ソフトウェアTNC) の性能はどうなの?
  A4. サウンドカードチューニングエイド機能があってオシロスコープ感覚でレベル調整ができ、
    自動補正機能により、シビアな操作は不要で、待つのみです。
    送受信については、ハードウェア TNCに迫る性能です。
    また、ターミナル画面には、送受信時刻も表示されるので便利です。
 Q5. 9600bpsパケットも対応できるの?
  A5. 9600bps出力端子付きリグ限定になりますが対応しております。注文時に"パケット優先"を指定してください。
    AGWPEとしては1200/9600bps共にTNC内蔵機と遜色ない復調レベルですが、
    9600bpsでは若干低下するリグもありました。
    また、AGC付きサウンドドライバー対応として (AC97等)、スケルチ連動の信号ミュートを可能にしました。
 Q6. 故障したら修理してくれるの?
  A6. 一年保証としています。(お客様責任の場合を除く)
    以降は有償修理となりますが、ほぼ実費請求としております。

HAMSTIR_ST_スペック :
HAMSTIR STのスペックや回路図のページです。

ドライバーインストール (必須作業) :
ドライバーをインストールする手順のページです。
2つのCOMポートを手動追加します。Windows7では自動インストールされ、完了をクリックするだけです。
追加された2つのポート番号を確認メモすることが次のプログラムの設定に必要です。

WSJT-X設定例画像ダウンロード(zip593KB) :
WSJT-XをSTで運用する時の設定例ですが、サウンドデバイス関連はデジタル通信全般に関係します。
パソコンオンボードのサウンドにはエコーなど音響効果機能が搭載されており、これがデジタル通信の解読率を悪化させてしまいます。
CATや CI-Vは、パソコンでリグをリモートコントロールする機能で、対応ケーブルの用意がない場合はエラーになるので設定しない事。
FT8のDXペディションモードでは、CATコントロールを推奨していますが、
"Hound"であれば変調周波数を 3KHz以下にすることで、CATや CI-V (SPLIT)を使わないで運用できます。
"FOX"として運用する場合は、4KHzあたりの受信はできたほうがいいのでリグコントロールも必要でしょう。
リグコントロールはハムログ等に使うほうが、デジタル通信だけでなく共通に使えるので便利かと思います。

FT8 DXpedition Modeを CATなしで運用 :
WSJT-Xの"FT8 DXpedition Mode"を CATや CI-Vでのリグコントロールを使わないで運用する時の設定例です。

附属装置追加の保証認定申請資料ダウンロード(zip11KB) :
HAMSTIRを使用するにあたり、電波の型式の追加変更申請が必要な局の為に資料を作成しました。
附属装置の追加で保証認定を申請することになりますが、編集ができるようにEXCEL形式としてあります。
送信機系統図には「パソコン」とだけ記述し、HAMSTIRなどのインターフェース詳細は記述しないほうが、
あとあとの細かい変更申請を省けます。

AGWPE(ソフトウェアTNC)の設定 :
AGWPEの独特の設定手順や設定方法を解説しております。
Windows2000用としては古いバージョンの方が安定します。

UI-View32(APRS)の設定 :
UI-View32の設定方法やアドバイスを解説しております。

EchoLink(VoIP)の開設 :
Echolinkの解説ページです。KENWOOD社のTM-D710の解説書がことはじめから詳しく説明されておりましたので、
このリンクをはり、ここでは要点・アドバイスを中心に掲載しております。

運用レポート :
電波の回り込みの対策例や運用レポートのページです。
アンテナのSWRやリグの配置などで状況は変わりますが、末永く運用するには大事なところです。APRSでの9600bpsの複調レベルの速報もあります。

配線変更・ケーブル変更 :
HAMSTIR ST購入後、ケーブル配線変更・交換などの説明ページです。


ご購入に際しては、以下をメールにコピーペースト書換えしてお使いください。
メール受信で自動返信メールが送信されますが、届かない場合はメールの設定などをご確認ください。
ご注文をいただいた後の注文確定メール送信で注文確定となります。
また、孤軍奮闘されている方の疑問にもお答えアドバイス致します。購入予定がなくてもかまいません。

・購入機種: HAMSTIR ST (ケーブル配線済)  1 台
・リグ仕様: Rig=   -     仕様=  VoIP優先  (パケット優先の場合は明記してください)
・購入金額: 6,800円 送料・消費税込み
・受取人名:
・お届け先: 〒  (番地まで記入してください)
・電話番号:  -  -  (発送伝票用)
・PCOS: 使用PCのOS Windows 7 以降 (VISTA以前の場合は明記してください)
注意) 一部のノートPCにおいて、オーディオ端子が4極3.5ファイ1本だけになったものがあります。
    このタイプを使用される方は対応しますので明記してください。


お問い合わせ・購入 :sales@onechipdesign.com

[ページの上に戻る]

[ホームに戻る]  通信販売規約・個人情報取り扱いの表記があります。

Copyright 2012 OneChipDesign All rights reserved.