ワンチップデザインへようこそ!

HAMSTIR DX (ハムスターDX)
HAMSTIR DXには リグ一台用(-R1) と 二台用(-R2) があります。どちらも FT8, JT65, PSK31, SSTV, Echolink, APRS などが楽しめます。
本機ではトランス式より絶縁特性の良い完全光接続方式を採用してコモンモード妨害を大幅に改善したことでハイパワー局向けです。
-R2 は、内蔵サウンドデバイスと2つのCOMポートにより、2つのプログラムを一台のパソコンで同時運用できます。
二台目としてのRig2回路は平坦な周波数特性とし、APRS(9600bpsまで)をメインにRig1回路と同等のデジタル通信ができます。
また、二台目ケーブルをRS-232Cケーブルに変更して、CATコントロールに当てる仕様もあります。(高級機限定)

リグ一台用(-R1)については、ユーザーのほとんどがHF帯で運用されることから、PCキーボードでの CW運用にも対応できますので、
希望される方は、ご注文の際に PC CW-KEYケーブル追加を明記してください。(要プラグ径指定)

HAMSTIR DXは、回り込み妨害誤動作対策として、PC側とリグ側を完全分離して光で接続する回路を採用しております。
PC側電源はUSBラインから取り、リグ側の電源は使い勝手から、リグに合わせて三通りの方法から選びます。
 @リグのACC端子などから直接取る場合、
 Aリグ用13.8V外部電源から取る場合、
 BHAMSTIR DXの内蔵電池から取る場合とがあります。
使用されるリグに合った方法を、ご提案致します。または指定していただきます。
使用するトランシーバー等を指定していただくことで、それに合わせたケーブルを製作配線してお渡しします。

50W以上のハイパワー局には特にお薦めで、最近は500W局ユーザーも増えてきております。
絶縁特性は、特にコモンモードにおいてトランスを使用したタイプよりも優れております。

・主な特徴)
  1. USBハブ搭載で、シリアルポートのないノートパソコンでもスマートに使えます。
  2. シリアルポートは COM-A、COM-B の計2ポート。うち-R1は1ポートのみ使用。
    (PTTはそれぞれRTS/DTR選択可能、COM番号はPCが割り振ります)
  3. COM-BはフルRS-232Cドライバーを装備 (-R2でRig2の代わりに選択可)。D-SUB 9PのCAT端子に接続。
  4. COM-BのPTTはモデム誤動作などによる連続送信防止回路付き (半田ブリッジ選択)。
  5. 内蔵電池仕様では、リグ側から強制的に光接続に切り換えることもできます(TX GND, SEND等の端子使用)。
  6. DX-R1は、DSCWなどのソフトウェアオペーレートによるCW運用も可能 (DTR =>KEY端子)
  7. DX-R2は、Rig2ケーブルをRS-232Cケーブルに変更してCATコントロール用にできます。(高級機推奨)
  8. EchoLinkなどでは、スケルチ信号によるNet側への送信制御ができます。(A/B-CTS使用)
  9. サウンドデバイスは通信向けの聞き取りやすい音質にしました。
 10. ハンディトランシーバーも送受信対応です。

・価格) ---送料・消費税込み
 @HAMSTIR DX -R1 (ケーブル1台分付き) --- 10,600円 (PC CW-KEY対応も同じ価格です)
 AHAMSTIR DX -R2 (ケーブル2台分付き) --- 12,100円
 B機種変更ケーブル交換・追加 / 機種変換ケーブル / -R1を-R2に変更 --- 各1,500円
 *-R1仕様は、PCへはUSBケーブル一本のみとなり、移動運用などでも扱いやすいです。
 *オークション落札価格よりこちらのメール注文の方が手間が減る分お安くなっております。

・使用機器/アプリ組合せ例)
 Rig1対応 : FT8, PSK31, RTTY, JT65, SSTV, APRS(1200bpsまで), VoIP(Echolink) などに特化した特性です。
 Rig2対応 : Rig1のモードの他にパケット通信9600bpsまで対応、またはRS-232C接続のどちらか
 使用するサウンドデバイスは、Rig1がHAMSTIR内蔵で、Rig2はパソコンオンボード(内蔵)です。
  1. DX-R1 : 音声入出力/PTT端子のある全通信機に対応 (希望によりソフトウェアCWにも対応可: KEY端子付きリグ)
       WSJT-X(FT8), JT65HF(JT65), MMVARI(PSK31+RTTY), MMTTY(RTTY), MMSSTV(SSTV), DSCW(CW-送受信)他
  2. DX-R2 : Rig1= IC-208 /Echolink(VoIP), Rig2= FT-7900 /AGWPE+UI-View32(APRS)
  3. DX-R2 : Rig1= FT-7900 /Echolink(VoIP), Rig2= FT-950 /MMVARI(PSK31+RTTY)

・その他)
  1. パソコンに接続するケーブルは標準装備ですが、ご希望に合わせる事もできます。
   (USBケーブル、MIC用/LINE(H.P.)用3.5ファイケーブル、長さは約60cm、リグ側が約110cm)
   MIC/ヘッドホンが3.5ファイ4極ケーブル1本にまとまったパソコンにも対応します。
  2. リグ側ケーブル類は、注文時にリグに合ったケーブルを製作配線いたします。
  3. USBシリアル変換とサウンドデバイスドライバーはWindows7以降は自動インストールされます。
   インストールできなかった場合は、当サイトかFTDI社サイトからダウンロードしてください。
  4. Echolink、UI-View32についてはインストール時に認証番号等が必要です(登録無料)。
   また、四アマのFMの免許で運用できますが、下記の場合は電波型式の追加申請が必要になります。
   UI-View32でビーコン、メッセージ送信する場合 (F2D)、EcholinkでIDをモールス送信する場合 (F2A)
   HF帯も含めて送信操作をする場合 SSTV(J3F)、PSK31(F2B)
  5. 対応可能なケーブル取り付け用プラグ
   ミニDIN 6P/8P/10P、DIN 7P/8P/13P、3.5ファイプラグ 3P/4P、2.5ファイプラグ 2P/3P、
   MICプラグ 8P、D-SUB 9P オス/メス、RCAピン
   一部、専用プラグの機種はメーカーオプションケーブル(CT-91など)が必要です。
   他のタイプでも、対応可能な場合もございますので、お問い合わせください。


・Q&A)
  Q1. 簡単なインターフェースがちまたにあるのに、どうしてこんなに複雑な回路が必要なの?
   A1. 簡単な回路でとりあえず運用はできますが、両方を同時に運用しながら、
      さらにその脇で別のリグをオペレートすることなどがよくあります。
      EchoLinkノード局の脇でHFのリグを使ったらネット側にノイズを送信してしまったとか、
      SSTV運用中にパソコンがハングアップして、あわてて再起動したなどがよくあります。
      このような高周波のまわり込みに強くしたのが、HAMSTIR DXです。
      トランス型と違って完全光接続なので絶縁度が違います。運用レポートのページをご覧ください。
  Q2. トランシーバーに接続するケーブルはどんな指定をするのですか?
   A2. 機種名、使用予定のソフト、ハイパワー運用有無を注文時にお知らせください。
      下の"mailto"のところにフォーマットがありますので、コピーペースト編集してお使いください。
  Q3. 購入後に機種を変更しました。接続ケーブルの変更はどうすればいいの?
   A3. 同じタイプのケーブルの場合は配線変更だけで済みますが、違うタイプになる場合は
      こちらのサイトから購入してください。
      MiniDIN6PプラグやDIN8Pプラグの場合は、変換ケーブル(1,500円)で対応できます。
  Q4. プログラムのダウンロードやインストールはやってくれないのか?
   A4. EcholinkやUI-Vew32についてはダウンロードやインストール時にコールサインや登録コードなどが
      必要になります。使用される方が可能な限り作業するのが一番ですが、ご相談ください。
      MMSSTVやMMVARIについては、わかりやすい日本語解説がセットされています。
      これらソフトは、一つずつ設定して、使い慣れたところで次のソフトを設定しましょう。
      インストールや設定等について、解決困難な場合は遠慮なくお問い合わせください。
      英語版ソフトということで、尻込みしたい方もメールでお問い合わせください。
  Q5. AGWPE(ソフトウェアTNC)の性能はどうなの?
   A5. サウンドカードチューニングエイド機能があってオシロスコープ感覚でレベル調整ができ、
      自動補正機能もついているので、シビアな操作は不要です。
      送受信についても、ハードウェアTNCに迫る性能です。
      また、ターミナル画面で、送受信時刻も表示されるので便利です。
  Q6. 9600bpsパケットも対応できるの(9600bps出力端子付きリグのみ)?
   A6. Rig1側はVoIP用のセッティングの為、1200bpsまでです。
      Rig2側はハードとして対応しております。パソコン内蔵のサウンドデバイスで(AC97の一部)、
      適正レベルに設定できない場合がありましたが、スケルチ連動で信号にミュートをかけることで
      対応しました。AGWPEとしては、1200/9600bps共にTNC内蔵機と遜色ない復調レベルですが、
      9600bpsでは若干低下するリグもありました 。
  Q7. 電池内蔵仕様の電池は、交換頻度はどうなの?
   A7. 単四アルカリ電池の消費電流は、送信時のみ10mAです。一日1時間送信したとして、
      一年以上もちます。(現在まで60ヶ月以上運用中)
      内蔵電池仕様は光接続状態での光回路の電源になりますが、ハイパワー機を複数台所持されている局には、
      内蔵せずにリグの安定化電源からとることを奨めております。電波型式を気にせず自然な運用ができます。
  Q8. 故障したら修理してくれるの?
   A8. HAMSTIR は一年保証です。(お客様責任の場合を除く)
      発熱と接触接続を極力減らして信頼性を高めておりますが、それ以降は有償修理となります。
  Q9. FT8のDXペディションモードで運用できますか?
   A9. このモードは、CATコントロール使用を推奨しているので、DX-R2のD-SUB 9P(RS-232C)ケーブル仕様になります。
      このケーブルは光接続に対応してないため、回り込み対策はリグが対応していることが前提になります。
      この仕様のDX-R2は200W以上のハイパワー運用でも実績がありますが、普及機では対応不十分もあるようです。
      20W以下の FT8, JT65などであれば、HAMSTIR DX-R1に市販のUSB CATケーブルを別途追加購入していただき
      運用していただくスタイルもいいのではと思います。ハイパワー運用時は取り外します。
      "USB-CI-V-Cable"や"USB-CAT-Cable"で検索すると表示され、二千円前後で入手できるようです。
      この件についてはお客様の責任で進めてください。

HAMSTIR_DX_スペック :
HAMSTIR DXのスペック、ブロックダイアグラムや回路図のページです。

ドライバーインストール : (必須作業)
ドライバーをインストールする手順のページです。
汎用USBハブ、USBオーディオデバイスの自動追加に続いて、2つのCOMポートを手動追加します。
Windows7以降では自動インストールされますので、完了をクリックするのみです。
このインストールは HAMSTIR DX のベースとなるものです。
追加された2つのシリアルポートのポート番号を確認メモすることが次のプログラムの設定に必要です。

デジタル通信用基本設定例ダウンロード(zip898KB) :
WSJT-XをDXで運用する時の設定例ですが、サウンドデバイス関連はデジタル通信全般に関係します。
サウンドにはエコーなど音響効果機能が搭載されており、これがデジタル通信の解読率を悪化させてしまいます。
CATや CI-Vは、パソコンでリグをリモートコントロールする機能です。デジタル通信用ではないので用意のない方は設定しない事。

附属装置追加の保証認定申請資料ダウン<ロード(zip11KB) :
HAMSTIRを使用するにあたり、電波の型式の追加変更申請が必要な局の為に資料を作成しました。
附属装置の追加で保証認定を申請することになりますが、編集ができるようにEXCEL形式としてあります。
送信機系統図には「パソコン」とだけ記述し、HAMSTIRなどのインターフェース詳細は記述しないほうが、
あとあとの細かい変更申請を省けます。
資料では各モード毎にパソコンがありますが、通常一台ですからスイッチで切り替えるようにアレンジしてください。

AGWPE(ソフトウェアTNC)の設定 :
AGWPEの独特の設定手順や設定方法を解説しております。
Windows2000用としては古いバージョンの方が安定します。

UI-View32(APRS)の設定 :
UI-View32の設定方法やアドバイスを解説しております。

EchoLink(VoIP)の開設 :
Echolinkの解説ページです。KENWOOD社のTM-D710の解説書がことはじめから詳しく説明されて
おりましたので、このリンクをはり、ここでは要点・アドバイスを中心に掲載しております。

運用レポート :
各リグを同時運用した時の電波妨害や干渉を調査しました。APRSでの9600bpsの複調報告もあります。

電池交換・配線変更・カスタマイズ :
HAMSTIR DX購入後の電池交換(乾電池内蔵仕様のみ)・ケーブル配線変更・カスタマイズの解説ページです。
 *電池内蔵仕様の場合、強制分離(TX GND/ SEND)用ケーブルを追加しております。必要に応じて光接続状態にできます。
  内蔵電池は送信状態での光接続回路の電源になりますが、ハイパワー機を複数台所持されている局には、
  電池を内蔵せずにリグやリグ用安定化電源からとるなどの方法を取らせていただきます。
  電波型式を気にせず自然な運用ができます。


ご購入に際しては、以下をメールにコピーペースト編集してお使いください。
メールが届くと自動返信メールが送信されますが、届かない場合はメールの設定などをご確認ください。
ご注文をいただいた後の注文確定メール送信で、注文確定となります。
また、孤軍奮闘されている方の疑問にもお答えアドバイス致します。気軽にお問い合わせください。

・購入機種: HAMSTIR DX-R1 (ケーブル一台分付き)、PC操作によるCW用KEYケーブルは不要/ 必要 (6.3 / 3.5φ)
        HAMSTIR DX-R2 (ケーブル二台分付き、一台の場合は RS-232Cケーブル)
・使用リグ: Rig1=
        Rig2=  (-R2のみ)
  使用リグに合わせて、リグ側の光接続回路電源を以下のどれかで配線します。ご指定いただいても構いません。
  注文確定メールで結果をご連絡致します。使用予定の端子が既に使われてないかも含めご確認いただきます。
  @リグから直接取る場合(アイコム機のACC端子等)、
  Aリグ用安定化電源から取る場合(小型機、AC電源内蔵機、HAMSTIR DXを接続しないのも含め複数機を使用)、
  BHAMSTIR DXの内蔵電池から取る場合(その他@A以外、強制分離(TX GND/ SEND)用ケーブルを追加します)
・運用可能 Rig1= FT8, JT65, PSK31, RTTY, SSTV, EchoLink, APRS (1200bps), -R1のみCW 等
   *Rig2の運用モードが、APRS 9600bpsに対応する場合に明記してください。連続送信防止回路を有効に設定します。
・購入台数: 1 台
・購入金額: [-R1仕様]= 10,600円
        [-R2仕様]= 12,100円 共に送料・消費税込み
・受取人名:
・お届け先: 〒      (番地まで記入)
・電話番号:  -  -  (発送伝票用)
・メルアド: @ 、このメールに返信でよい
・使用PC: 使用PCのOS Windows XP VISTA 7-以降
   *一部のノートPCなどで、オーディオ端子が4極3.5ファイ1本だけのものがあります。この場合は明記してください。
・50W以上: 複数台有り / 無し
   *HAMSTIRを接続するしないにかかわらず、そばで運用するハイパワー機の有無です。上述@ABの参考にします。


お問い合わせ・購入 :sales@onechipdesign.com

[ページの上に戻る]

[ホームに戻る]  通信販売規約・個人情報取り扱いの表記があります。

Copyright 2012 OneChipDesign All rights reserved.